売りたい・貸したい
2020/07/02

【耳より情報🖊】  エアコンのポコポコ音対策 🏠

給気口
給気口です。真ん中をおすと開きます。
防虫キャップですが、防音対策グッズとしても使えるのが◎です。

蒸し暑い日が続いておりますが、皆様お変わりございませんでしょうか。

本日はこれからの時期大気が不安定になると多くなりますあの現象、『エアコンのポコポコ音』の原因や、音の対策などをご解説させて頂きます。さらに、音の発生を防ぐ際に使える、おすすめアイテムも紹介します。

換気扇を回したときや雨や風の強い日、台風の日などに、音が聞こえやすいと感じるのではないでしょうか。天気とエアコンのポコポコ音には、意外な関係性があります。

音のおおもとの原因は、実は室内と室外で起きる『気圧差』。近年はマンションやアパートなどの部屋は機密性が高く、ドアが重くなる理由、それは、給気よりも換気扇による排気のパワーが勝つ事で、室内の気圧が下がり、外の空気が室内に入ろうとドアを押し付けるためです(この状態を負圧と言います)。

外の空気がドレンホースを通して室内に入ろうとします。夏場はエアコンで冷房を使うため、温度差によって発生した水がドレンホースの中に溜まっていることがあり、その水がポコポコ音を発する原因となってしまいます。

台風の日にポコポコとした音が起きるのも、風がドレンホースを通して室内に入り込もうとするためです。雨の日には、気圧が低くなりやすく室内の空気が外に出ようとすることでポコポコと音が鳴る場合もあります。

このように、エアコンの故障などが原因ではないため、放置しておいても大きな問題になるとは考えにくいです。しかし、快適な音ではないので、できれば音が鳴らないようにしたいですよね。

ここではそんなエアコンからするポコポコ音の解消方法を解説します。「ポコポコするエアコンの音が直らない!」と今まで悩んでいた方は、ぜひ参考にして実践してみてくださいね。

解消法1. 窓を開ける

解消法2. 換気口を開ける

解消法3. ドレンホースに逆流防止弁や防虫弁を取りつける

 

1の窓を開けるは、せっかくエアコンをかけているのに冷気を逃してしまうのであまりお勧めではないです。

2は室内の壁に20センチ×20センチくらいのこのような、換気で外気を取り入れるための「給気口」があると思います。画像添付します。これを開けてみてください。室内の気圧を外と同じにすれば良いのです。

3の逆流弁は空気の侵入を防ぐだけではなく、外の虫が室内に入り込むのを防げる優れもの。最近では、『ダイソー』や『セリア』などの100均でも手軽に入手できるようになりました。お近くのお店で、チェックしてみてはいかがでしょうか?対策後の画像を付けておきますね。お家の中にある『ストッキング』をドレンホースの先端に付けてます、と簡単アイディアも頂きました。

ちょっとした工夫をするだけで、音が解消されます。お困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、機会がございましたら耳より情報UPさせて頂きます。お読みいただきましてありがとうございます

 

☎  028-680-4769

📧 fujita@kyodofudosan.co.jp   

📠  028-333-1321   (FAX)

 

お知らせ一覧に戻る